子供のチック症について【いつまで? ストレス?】

子供の病気・症状
スポンサーリンク

「最近この子、まばたきが多いなぁ」

「変なクセをするようになって、注意しても直らないし困ってる」

こんなことありませんか? これ、大体はチックです。

今回は、子どもに起こるチックについて体験談も交えながら書いていきます。

スポンサーリンク

チックって何? 症状は?種類は?

チックとは、自分の意思とは関係なく急に運動や発声が繰り返し起こる状態をいいます。

症状によっては、人から「乱暴」「非常識」と思われてしまうこともあります。

チックには運動性チックと音声チックの2種類のものがあり、それぞれ以下のような症状があります。

運動性チック

  • まばたき
  • 肩をすくめる
  • 顔をしかめる
  • 白目をむく
  • 首をふる
  • においをかぐ
  • 突然人や物に触る …など

音声チック

  • 「あっ」などといった、短い発声
  • 咳払い
  • 「んんっ」と喉をならす
  • 意味不明な発言
  • 人を不快にさせるような単語の発声(「ばか」など)
  • 他人の言葉の反復 …など

チックが起こるのはいつからいつまで?

子どもが急にチック症になったら、「いつまで続くのかな?」と不安になりますよね。

チックは、だいたい4~11歳ごろに発症することが多く、そのほとんどが1年以内に自然に消失していきます。

女の子よりも男の子の方がチックになりやすいと言われています。

チックの症状が同時期に複数現れて、それが1年以上続いた場合は、トゥレット症候群と呼んで区別します。

心理的なストレスや、遺伝的要素もチックの発症に関係があると言われています。症状をあまり気にしないようにすることで、多くの場合は成長とともに改善していきます。

チックはどうして起こるの? 育て方やしつけのせい?

昔は、チックは心理的要因が大きく関係しており、親の育て方が原因だと言われていたようですが、現在はそうではないとされています。

私も息子にチックが現れた時には、「干渉しすぎたかな」「怒りすぎていたのかな」と不安になりました。しかし、そうではないのです。

チックは心に問題があるから起こるわけではありません。近年の研究では、遺伝要因や脳の機能障害が関係していると言われています。

チックの治療方法は? 受診の必要はある?

チックは、親が理解できていれば特に受診の必要はありません。

やめるように言うと、本人にとっては逆に気になり症状が悪化することもあります。チックは気にしないことが一番です。

長い時間を一緒に過ごしているご家族は特に気になってしまうとは思いますが、チックの症状は無視するように心がけてください。

ただし、症状が同時期に複数現れ長期間続いた場合は、トゥレット症候群である可能性が高いので、一度受診してみることをおすすめします。

まめだいずの体験談 ~息子の場合~

私が息子に対して違和感を感じたのは、幼稚園入園の少し前のことでした。

突然まばたきを頻繁にするようになったのです。

私や主人、周りの大人たちは最初「眠たいのかな?」くらいにしか考えていませんでした。

そして幼稚園に入園し、初めての家庭訪問の日。担任の先生が私に言いました。

「○○(息子)くん、もしかしてチックじゃないでしょうか?」

先生によると、息子は園でも頻繁にまばたきをしており、それが眠気のためではないと感じたそうです。

先生が帰ったあと、すぐにインターネットでチックを検索しました。

当時の息子の症状はまばたきだけでしたが、私は息子がチックであると確信しました。眠気からのまばたきにしてはおかしいな、と、少し思い始めていたためです。

それから成長していくとともに、息子のチックの症状は消失してはまた違う症状が現れ…ということを繰り返してきました。

  • まばたき
  • 服のそでをかむ
  • 咳払い
  • 長く息を吐く
  • 鼻の下をのばす
  • スキップする
  • 息を吸いながら「ハァッ」て言う
  • 指吸い
  • 爪噛み
  • 笑顔のように顔がひきつる
  • 舌打ち
  • あごを上にあげる
  • 首元を緊張させる(こまかく震わせる)
  • 「ふふっ」と笑うような声が出る
  • ご飯中に喉をならす
  • 鼻息を思い切り出す
  • 鼻をよせて顔をしかめる
  • 首を伸ばして顔を上にあげる

以上が、これまで私がメモに残してきた息子の症状です。

「なんか最近へんなクセしてるな~」と思ってネットで検索すると、それはすべてチックの症状に当てはまっていました。

まぁ~これがとにかく気になる! チックは気にしないのが一番とはわかっていても、気になります。

特に音の出るチックは辛かったです。常にその音が聞こえてくるため、かなりのストレスを感じました。主人は耳栓まで準備して乗り切っていました。

本人はまったく症状に気づいておらず、無意識に行っているため、弟たちにも「お兄ちゃんに何も言ったらだめだよ。どうしてもしちゃうんだから、うるさくても許してあげてね」と何度も説明しました。

小学校に入学する頃には複数(3~4個)の症状が現れるようになり、心配しましたが、いつのまにかまた1種類に減っていました。

現在、息子は8歳。最近はたまにまばたきをしているくらいで、症状は落ち着いてきたように思います。

おわりに

周りを見ていても、子どもでも大人でもまばたきのチックをしている人は結構たくさん見かけます。

芸能人にもチックの症状がある人たくさんいますよね。

こちらが気にしていると、案外本人にも伝わってしまうものです。

お子さんにチックの症状が出て心配している方、あまり気にしすぎないように見守っててあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました